そもそも保険って?

初めてマイカーを買ってワクワク。ドライブに行くのが楽しみ!でも万が一の事故に備えて自動車保険に入っておかなきゃ。ディーラーや代理店の人が「自賠責だけでは補償が足りませんよ」とか、「任意保険はこちらがおすすめです」なんていろいろ説明してくれたけど、内容が複雑でどの会社がいいか決められなかった・・・そんな思いをしたことある方、多いのでは。あるいは現在契約中の方でも、自分が契約している内容をよく把握してないという話をよく聞きます。
車を買うと保険に入る、当たり前のように聞こえますが、そもそも「保険」とは何なのでしょう?その基本的な考え方は「相互扶助」、つまり互いに助け合うという発想に拠っています。誰の身にも起こり得る不幸な事故に対し、グループのメンバー全員がお金を持ち寄って備えておこうということです。非常にシンプルな概念ですが、世の中の「保険」と名の付く仕組みは、おおよそこの考えを基に成立しています。
そして言うまでもなく自動車保険は自動車のための保険で、その目的は自動車によるアクシデントに備えることです。具体的には人を傷つけたり、車や物を壊してしまったり、ケガをしてしまったなどのケースを補償するために必要不可欠な存在なのです。

自分に合った保険を選ぼう

自動車保険の大切さは分かっているけど、知識がないから・・・と、ついディーラーや保険代理店に丸投げにしがち。特に初めて車を買われる方なら、車輌価格や諸経費などと一緒に自賠責保険や任意保険の見積りが上がってくると、細かく検討するのが面倒になってそのままの内容で契約してしまうかもしれません。
でも冷静に考えてみて下さい。その保険は、本当にあなたの車や生活スタイルに合ったものですか?ひょっとして、保険料を払いすぎていませんか?納車まで時間があるなら、ぜひ一度見積りを持ち帰って、他社の自動車保険と比較・検討されることをおすすめします。
また数年前に自動車保険に加入して、その時の契約内容のまま更新を繰り返している方も、ぜひ保険の内容を見直してみて下さい。自動車保険は1年満期で更新なので、そのタイミングで再検討すれば、今よりもっと安くてよい補償内容のものが見つかるかもしれません。
ぜひ、自分に合った保険を選んで下さい。